キャッシングの審査で嘘ついても大丈夫なのかについてです。

キャッシング審査の段階でウソは全てバレます!

 

世の中には「ついても良い嘘」と「ついてはいけない嘘」があります。

 

消費者金融や銀行のカードローンなどに申し込みをすると、必ず審査が実施されるのですが、この審査に通過するのが難しそうということで、中には申込書に嘘の情報を記載してキャッシング申し込みをする人がいます。

 

当然これは「ついてはいけないウソ」であり、融資の審査では正確な情報を伝える必要があります。

 

それではもし、キャッシング審査でウソをついた場合、審査担当者にその事実がバレることがあるのでしょうか?

 

まず最初にハッキリと書かせていただきますが、キャッシングの審査でどんなに上手なウソをついたとしても、確実にバレてしまいます。

 

例えば申込書の中には、「他社借入れ件数」という項目があるのですが、当然この件数が少なければ少ないほど新規でお金を借りれる可能性が高くなります。

 

そこで既に3社からお金を借りているのにも関わらず、少しでも審査で有利になるように1社と提示したと仮定します。

 

申込書を提示した時点では、その情報が本当なのかウソなのかを審査担当者は把握出来ませんが、いざ審査が始まると個人信用情報機関と呼ばれる信用情報が記録されているデータベースをチェックします。

 

ここでは申込者は今現在何社からいくら借りているのかはもちろん、過去に借入した金額や返済状況なども簡単に調べることが出来ます。

 

つまりウソをついたところで、必ずバレてしまうものですので、正しい情報を提示するようにしてください。

 

また年収金額や雇用関係などについてもウソはバレます。

 

場合によって収入証明書の提示を求められ、これによりどの程度毎月給料をもらっているのか、正社員なのか、それともアルバイトなのか、どのくらいの在籍期間があるのかなどがわかります。

 

基本的に少額でしたら収入証明書の提示が必要無いのですが、申込書に不備や怪しい点があると収入証明書の提示を求められます。

 

このように嘘をついても確実にバレることですので十分に注意してください。